麻酔方法について|千葉県|浦安|浦安駅|無痛分娩のお悩みガイド|無痛分娩

お電話でのお問合わせ
メールでのお問合わせ

麻酔方法について

無痛分娩Q&A
患者様の声
おおしおウィメンズクリニック

安心のピルガイド

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  麻酔方法について

麻酔方法の種類

硬膜外麻酔

出産に伴う痛みは、子宮の収縮や産道の広がりによる痛みで、背中にある脊髄の神経を通って脳に伝えられます。硬膜外麻酔とは、カーテルと呼ばれる細く柔らかいチューブを腰の脊髄に入れて、そこから麻酔薬を注入することです。赤ちゃんが生まれてくるまで、このチューブから続けて麻酔薬を注入していくので、途中で麻酔がきれてしまうことはありません。硬膜を通って麻酔薬が作用することで、腰から下の感覚が鈍くなりますが、足を動かしたりすることはできます。 薬の影響は少なく、胎盤を通って赤ちゃんに届くことがほとんどないため多くの国で選択されている方法になっています。

点滴麻酔

静脈から、麻酔薬を注入していく方法です。点滴をして静脈の中に麻酔が入っていくと、その薬が脳に届いていきます。鎮痛効果は、硬膜外麻酔より弱いですが、事前の処理が簡単です。たまに麻酔によって眠たくなったり呼吸が弱くなったり、胎盤を通して赤ちゃんの脳にも届いてくこともあるため、赤ちゃんも眠たそうな状態で生まれてくることもありますが、一時的なことです。

副作用について

足の感覚が鈍くなる、力が入りにくい

硬膜下麻酔で麻酔薬を注入する背中の神経には、足の感覚や神経をつかさどる神経があります。したがって、出産の痛みを鈍らせると同時に、足の力も鈍くなることがあります。


低血圧になる

背中の神経には、血管の緊張を調節し、血圧を調節する神経もあります。したがって、麻酔によって、血管の緊張がとれ、血圧が低くなります。一般的には問題ないですが、まれにひどくなる場合があるので、医師が注意深く確認しています。


体温が上がる

硬膜外麻酔を使用した人は、していない人を比べて、体温が高くなると言われています。


かゆみを感じる

硬膜外麻酔と医療用麻酔の組み合わせによって、かゆみを感じる方もいます。


尿意が弱い、尿閉

● 分娩の時間が長くなる
● 吸引分娩や鉗子分娩の可能性がある
● まれな合併症…足に力が入らなくなる、呼吸が苦しくなる、ひきつけ、頭痛、意識が遠のく

リスクについて

硬膜外麻酔であれ、静脈からの点滴であれ、無痛分娩が赤ちゃんに大きな影響を与えることはほぼないという研究結果があります。無痛分娩で生まれた赤ちゃんは、出産直後のアプガー指数(赤ちゃんの心拍数、呼吸状態、皮膚の色、反射などを点数化したテスト)でも正常な反応で、母体の血液検査でも同じく正常で、悪影響は認められませんでした。

母体に投与される麻酔薬の量が通常よりも多い場合は、出産直後の赤ちゃんが音や光に対して反応しにくいことがあります。しかしこれらの反応は一時的なもので、長期間続くものではありません。また多量に麻酔薬が使われると、赤ちゃんの呼吸が一時的に弱まるリスクもありますが、医師が細心の注意を払って確認しているので安心です。

Page Top