無痛分娩の流れ|千葉県|浦安|浦安駅|無痛分娩のお悩みガイド|無痛分娩

お電話でのお問合わせ
メールでのお問合わせ

無痛分娩の流れ

無痛分娩Q&A
患者様の声
おおしおウィメンズクリニック

安心のピルガイド

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  無痛分娩の流れ

無痛分娩の流れ

① 入院

分娩監視装置をつけ無痛分娩のための処置を行います。 入院したら、普通のお産と同様、内診、問診を行い、必要に応じて分娩監視装置をつけ、お産の進行ぐあいをチェック。
陣痛が進んでからでは辛いので、入院後すぐに麻酔を注入するための「カテーテル」というチューブを背中に入れます。
処置がすんだら、子宮口が4~5cmに開くまで待ちます。

               ↓

赤ちゃんの状態やお産の進み具合を確認し、麻酔液を注入するのは様子を見て行います。

               ↓

まずは背中を消毒。カテーテルを入れる前に、微量の皮膚麻酔をします。

               ↓

硬膜外に、1mmほどの太さの接続カテーテルを入れますが、皮膚麻酔をしているので痛みはありません。

② 陣痛室

ある程度、痛みがつくように加減しながら麻酔液を注入します。
子宮口が全開大になるまでは、陣痛を完全にシャットアウトせず、収縮する感覚を残します。
そのほうが自分自身をコントロールしやすいので、トイレに行ったり、食事をすることも可能です。
痛みが軽いため、通常よりリラックスしてすごせるよう。痛みが強いときは呼吸法などで乗り切ります。

※のんびりとした陣痛。下半身が少しジンジンしますが、動けるので電話なども可能。
※麻酔薬が少なめだと、強い陣痛の場合はかなり痛む場合も。呼吸法などで乗り切って。
※お産で体力を使うのは、通常の分娩と同様。しっかり食べてエネルギーを補給します。
 

③ 分娩室

子宮口が全開大になったら、会陰部の近くに麻酔を追加します。
赤ちゃんが生まれる直前、全開大になった会陰部に近いところにセットされたチューブから麻酔液を注入します。
こうすると筋肉の緊張がとれ、会陰部の伸びもよくなり、赤ちゃんの頭が会陰を突き抜けるときの痛みがなくなります。
会陰切開が必要な場合も、その痛みを感じることはありません。

※麻酔を追加すると、それまでの痛みがスーッと引いていきます。
※麻酔が効いていても、赤ちゃんが下りてくる手ごたえは感じられます。
※麻酔というと眠ってしまうイメージがありますが、硬膜外麻酔なら赤ちゃんともしっかり対面できます。
 

Page Top