お電話でのお問合わせ
メールでのお問合わせ

無痛分娩とは|千葉県|浦安|浦安駅|無痛分娩のお悩みガイド|無痛分娩

無痛分娩とは

無痛分娩Q&A
患者様の声
おおしおウィメンズクリニック

安心のピルガイド

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  無痛分娩とは

無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔薬を使用して、陣痛の痛みを和らげながら出産する方法のことです。「無痛」という名前から、痛みが全くないイメージが湧きますが、個人差があります。痛みを和らげつつ、意識はある状態です。分娩時のいきみも必要になってきますし、出産直後の抱っこもできます。

無痛分娩の方法

現在当院では無痛分娩の方法として「硬膜外麻酔」という麻酔方法を主体としております。この方法は背中から脊髄の外側にある硬膜外腔(こうまくがいくう)というスペースに専用の極めて繊細でやわらかいカテーテルというチューブを入れて、局所麻酔薬と微量の医療用麻薬を併用し持続注入することで、妊婦さまの痛み感覚に応じて「痛み」を麻酔科専門医がコントロールするという方法です。使う薬剤は常に最新の安全性の極めて高いものを選定し妊婦さまの陣痛に応じて投与しております。

無痛分娩のメリット

  • ● お産の痛みが軽減できる
  • ● 疲労が少ない
  • ● 産後の回復が早くなる
  • ● 赤ちゃんに酸素がたくさん供給される
  • ● 心臓や肺の悪い妊婦さんの負担軽減


無痛分娩に向いている人

  • ● 妊娠中毒症の方(血圧が高い方)
  • ● 持病を持っている方
  • ● 痛みや緊張に弱い方
  • ● 初産で難産だった方


無痛分娩に向いていない人

  • ● 麻酔アレルギーを持っている方
  • ● 帝王切開での出産をした方
  • ● 出産直前まで逆子が戻らない場合
  • ● 背中や腰に変形があったり、神経に異常がある方

計画無痛分娩

「計画分娩」とは、分娩の日程をあらかじめ計画的に決めて、お薬を使ったりして陣痛を起こしていくことです。つまり、自然陣痛を待たずに分娩を進めていくことです。
日本の無痛分娩は、計画分娩で行うことが多いです。なぜかというと、現在の日本では、24時間、無痛分娩に対応している体制が整っている施設は多くなく、限られた曜日や時間帯にしかできない施設もあるからです。自然に陣痛が来て、硬膜外無痛分娩を行えればよいのですが、その日のその時間は無痛分娩の体制が整っていないという場合があるのです。なるべく妊婦さんの希望通り、硬膜無痛分娩で出産できるように、計画無痛分娩に進める場合が多くあります。

無痛分娩の割合

欧米では一般的な無痛分娩ですが、日本ではまだ主流ではありません。2010年度に厚生労働省の研究班がまとめた調査では、アンケート回答が得られた全国の1176施設(2008年)で全分娩のうち無痛分娩を実施したのは2.6%と、欧米と比較して低い数値となっています。
なお、海外で無痛分娩の割合は、アメリカでは約6割(2008年)、フランスでは約8割(2010年)、アジアでは全体的に無痛分娩の利用率は低く、利用率が高い国の中では、シンガポールで16%、香港で9%、台湾で9%(1997〜1999年)という調査結果が出ています

Page Top